その他(禁欲生活で色々と発見したプライベート記事などの雑記)

2か月経過した「Mr.T」禁欲ブログ内の人気記事ベスト10

更新日:

(禁欲 258日目・一食 77日目)

4月4日からこのブログをスタートさせ、もうすぐ2か月経ちます。

現時点で記事数もこの記事を含めて「64記事目」となり結構頑張りました。

はじめに

今日はこのブログの中の64記事中、人気のある記事「ベスト10」をご紹介しようと考えました。

一応、私「Mr.T」が「禁欲・一日一食・ショートスリープ」を実践している間は、

「性欲・食欲・睡眠欲の3大欲求テーマ」を記事として書く事を許されると思いますので、当面の目標である「100記事達成!」までは、

「ネタは尽きないであろう」と思います、たぶんですが。

また最近私がよくつぶやいている

・食欲の記事が人気ない

・なぜ性欲記事にかたよってしまうのだろう?

の意味を知っていただこうと考えました。

それではスタートします。

 

第1位

(画像はJRAレーシングビュアーより引用)


151日以降の射精しない人のその後の禁欲効果の実際


これは本当に強いんです。

記事を出して2日後には1位となり、それからずっと「不動の1位」のままなんです。

2位との差も「けた違い」です。

今はしていませんが昔遊んでいた競馬で「ディープインパクト」という馬がいましたが、あのような他の馬(記事)をよせつけない「圧倒的な王者」という感じです。

いかに読者の方がインターネット上で記載されていない「禁欲効果151日以降の変化」にご興味を持たれているか知ることが出来ました。

私が言える事は「禁欲フィジカルパワーは健在」、そして思考はどんどんと「良い方向へ速いスピードで進み続ける」です。

こればかりは読者の方も実践して経験しなければ「説明がつかない感覚」です。

 

 

第2位


巷に言われるオナ禁・禁欲効果、そのオナ禁の奇跡の効果を解説!


ご想像つくかもしれませんが次はやはりこれが来ます。

たしかに私もこれをベースとして禁欲記事を書いていますので、かなりリンクは貼り付けています。

また3位との「引き離し率」も全然違います、後程ご紹介しますが「1位と2位」の引き離し率が大きく「2位と3位」も大きいのです。

「3位と4位」はほぼ同じですが「4位と5位」はまた大きくなります、なぜだと思いますか?

そして5位以降の記事はもう「どんぐりの背比べ」のような感じで競争しています。

やはり男性であるならばそのオナ禁・禁欲効果には「大変興味がある結果」だろうと感じています。

まず「150日の壁」を突破しなければなりませんからね。

 

 

第3位


オナ禁の励み・コツにもなりそうな甘い匂いフェロモンとは?


わたし的には「次はきっと俺の力作・食欲のサーチュイン遺伝子だろ!」と思うのですがこれがまた違うんです。

ちなみに力作言っているサーチュイン遺伝子の記事は現在「24位」です・・・

女性を惹きつける香り「フェロモン」、やはり世の男性はこれに大変ご興味があるのだろうなと感じました。

いま言われている「草食系男子」はたまた「絶食系男子」という方々がいます。

オナ禁・禁欲してムラムラに耐え忍び、この「フェロモン」をまといだしても、その方々はまだ「おれ草食系男子なんだ~♪」とはたして言えるのでしょうか?

 

 

第4位


オナ禁継続の奥義(コツ)気になる自分のフェロモンを数値化する方法


先ほどお伝えした「引き離し率」の理由がこれなんです。

3位と4位はほとんど変わらない「同レベル」で4位と5位の差がまた大きく、5位からは「どんぐりの背比べ」になっていきます。

これだけ異性を惹きつける「フェロモン」に興味があるという事は、やはり「草食系」が増えたといいながらも、

・女性に興味がある、モテたい

という裏付けなんだと推察します。

「エロ動画」見てる場合ではないと思います、私はね。

 

 

第5位

(画像はJRAレーシングビュアーより引用)


「オナ禁・禁欲生活」初日から95日目までの出来事 その2


この「禁欲出来事シリーズ」は、つい最近に記事にしたものなんですが、もうすでに5位に入っています。

それもなぜか「2話目」が非常に人気が高くぐんぐんと伸びてきました、ちょっと古いですが「トウカイテイオー」みたいな感じでしょうか。

でもなぜでしょう、ちなみに次に人気は「4話目」なんですがトップ10入りしていません。

非常に気合をいれて書いた「最終回」は、なぜか伸びがイマイチな状況です。

自分が良いと思っていても、「傑作だ!」と気に入っても読者の皆さんの目は「違うんだな」と実感しました。

そう考えると文章を考える「作家」って大変な職業ですね、プロなら私情を挟んではいけないということです。

 

 

第6位


オナ禁の励み・コツにもなりそうな人を惹きつけるオーラとは何か?


実はこの「5位と6位」は日々入れ替わります、ほとんど同レベルでその日の時間単位で「5位争い」をしています。

記事にした日にちと伸び方の関係で「出来事シリーズ2話目」を5位としただけです。

しかしやはり読者の方は「フェロモン」の次は「オーラ」に興味がいくのだなと感じました。

堂々とした「オーラ」ってやはりかっこいいですよね。

ちなみに私がいっている「格闘技道場」、教えてくれる講師の中には本当にリングにあがる「格闘家」がいます。

もの凄く「強そうなオーラ」を発しています、しかしそういう方々は非常に強いだけ、実は「とても優しい」のです。

 

 

第7位


長期間のオナ禁者・禁欲者を目指す人の5つの心構え


今でも覚えていますが、この記事は「次なに書こうかな?」と思っていた矢先に妻から電話が来て、

「ちゃんと掃除してる?」という会話の中から閃いた記事でした。

この記事がトップ10入りするという事は、このブログを読んで頂いている読者の方々の中にも、

オナ禁・禁欲することを「前向きに考えている結果」なんだろうなと考えました。

そうなんです、オナ禁・禁欲は「自分に甘ければ出来ない」のです。

 

 

第8位


奇跡のオナ禁・禁欲効果の原点なのか!?その名も「DHEA」


良かったです、安心しました、この記事がトップ10に入ってくれて。

これ入らなかったら泣いてましたよ私。

それだけこの記事には「強い思い」があり、不射精禁欲を始めて「心底いつか書きたい!」と思っていた記事だったのです。

もちろん現在も「DHEA」は毎朝かかさず摂取しています。

「それで効果は?」と聞かれても色々と多種多様にサプリを摂取しているのでよく分かりませんが、多分「いい感じ」になってきていると思っています。

え!?気のせいって?

だれですかそんな事言う人は!

 

 

第9位


オナ禁による「エロい夢」「夢精」「明晰夢」の3点セット


?????

なぜここに「睡眠欲に関する記事」が入ってくるのか正直分からないのですが、何故かこの記事がトップ10入りしています。

「だから次こそ食欲・一日一食だろ!」と思うのですが、まだまだ出てきません。

この記事を書いていた時は負荷(ムラムラ感)が強烈に来ていて「ポケっ」となっていながら書いていた記憶があります。

このブログの中の記事には、その「ポケっ」となりながら書いた不思議な記事が何点かあります。

たとえば

「性欲 」VS 「食欲」どちらが強いか

これなんかもそうです、「ポケっ」としながら書くと、なんとなく「不思議ちゃん」的な文章になってしまいます。

 

第10位


ナポレオン・ヒルが伝える性エネルギーの頭脳への転換


8位の「DHEA」の記事同様、この記事も入って本当に良かったと思っています。

「ただナポレオン・ヒルの言葉にお前の感想入れただけだろ!」と言われてしまうかもしれません。

しかし「感情移入」という言葉がありますが、その度合いはこの記事が「格別に大きなもの」でした。

1位の記事よりも全然大きいと思っております。

長くブログを書き続けている人はみな

・それぞれの感情や思いがあって続けていけているんだろうな

と思いました。

 

 

まとめ

わたしバカでした。

ふつうトップ10というのは「10位」から発表するのに「1位」から発表してしまいました。

「あっ!」と思ったのは「9位」を書いてる途中でした。

「直そうかな」と思ったのですが、すごく作業に時間もかかってしまい「文章の構成」も、また変えていかなければならない部分も出てくるので時間もないのでやめました。

そしてまたランキングに「大きな変動」が確認出来たらお伝えしたいと思います、その時こそ10位から発表します。

いかがでしたでしょうか?

最初にお伝えしましたが「食欲の記事がまったく出てこない」のです。

後からやってきた「睡眠」に関する記事すらトップ10入りしているのにです、やっと出てくるのが・・・

 

| 15位

三大欲求の食欲を「一日一食」にすることによって起きる劇的効果

こんな感じなんです。

皆さん3食摂取していて一番身近な事であるにも関わらず、これではあまりにも「食欲が不憫」なので、

顔だけひょっこり出さしてやりました。

 

-その他(禁欲生活で色々と発見したプライベート記事などの雑記)

Copyright© ユーベルメンシュへの階段 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.