その他(禁欲生活で色々と発見したプライベート記事などの雑記)

禁酒による辛い離脱症状と禁欲効果がそれにどう関わってくるか実験

更新日:

(禁欲 289日目・一食 108日目)

前回の記事は非常に「重たい記事」でしたので、今日は気楽な記事で一休みします。

 

はじめに

単身赴任が終了し家族との生活が始まりましたが、一向に治らない悩みどころの「深酒」です。

家族とくに妻の目を盗んではくいくいと量が進み、寝る前は子供たちと遊んで遅くまで泥酔状態です。

さすがに昨日の朝は怖い目つきでにらまれました。

過去に記事にした節酒表も1か月もしないうちに「風化」してしまいこの有様です。


まったく意味をなさなかった節酒表、アルコールという悪魔の前では小手先技でしかなかった

大酒のみの禁欲ブログ主が自作した当時の節酒表


 

ひとまず3日間限定で禁酒してみる

飲酒の量もかさみ、さすがに昨日妻から「お願いだから今日は飲まないで」と頼まれてしまうほどなので、

これからずっと続くかどうかは分からないのでひとまず「3日間だけ禁酒」してみます。

下に記事にしましたが、去年の単身赴任中の禁欲前にも禁酒をしたことがありました。


オナ禁・禁欲前にトライした禁酒と禁煙、その後・・・


しかし50日しか継続出来ずに終了しそれが7月27日、それからは大酒を飲み続けていたので今日は禁酒2日目となり、

実に「340日ぶりの休肝日」でした。

 

以前となにかが違う出だし

前回の禁酒は禁欲前の自分で「禁酒セラピー」を読み、ある意味心の中で「決意」をしました。

その後飲みたい衝動にかられても「ただ我慢」していました。

しかし今回はちょっと違い「禁欲」「一日一食」を始めてから心の中で「これからの自分にお酒は必要なんだろうか?」的な考えが出始めており、

昨日はすんなりと飲むことを止められました。

ただ「今後一切飲まない」と言い切るのは自信が全然ないので「3日間だけ」としてます。

(不射精禁欲9か月半越えていてもその辺は意志が弱い・・・)

 

禁酒すると早速と現れる症状・不眠症

これは前回の禁酒でも体験済みですが、まず「不眠症」になります。

このブログは朝4時から書き始めましたが、一日あけた本日はひとまず「一睡も」していません。

しかしこれは「禁欲効果」なのか「一日一食効果」、はたまた「DEC2・ショートスリープ効果」なのか分かりませんが、

眠さはなくそんなにも疲れていません、眠れなかった時の「悲壮感」もありません、元気なんです。


3大欲最後の睡眠欲に対抗する夢のショートスリープ遺伝子・DEC2(禁欲 262日目・一食 81日目)


アルコールを抜いたとたん、いきなり世界の超人のように「あなた不眠でOK!」とはさすがにいかないと思いますが、

これが3日間不眠できたら大したものです。

 

禁酒すると早速と現れる症状・身体中の痒み

昨日はひとまず夜中12時前に布団に入ったのですが身体中に「痒み」がきます。

これも前回の禁酒で体験済みなのですが、言ってみればこれがあるから「眠れなくて辛い」というのがあります。

禁欲前の禁酒ではこれが大変で「眠れない疲労」がたまり、生活に支障をきたしました。

この痒みは「1か月間続く」というのが今でも鮮明に覚えております。

この不眠症・痒みは禁酒による「離脱症状」といいますが、他には「イライラ感」や「不安感」「手の震え」など人によっては発症していきます。

かなり「アルコール依存症とは厄介なもの」なのです。

 

まとめ

本当は3日間だけとは言わず、20代の時のような「飲まなくても良い体質」に戻したいのですが、まだ自信がありません。

しかし今回は「禁欲効果」「一日一食効果」「DEC2効果」が、どのように支援してくれるかよく観察してみたいと思っています。

今日は一睡もしていませんが、なんとなく以前の禁酒の時のような「寝れなかった今日一日仕事あるのにどうしよう」という悲壮感がまったくなく、

今回は「気楽な感じ」がするのはなぜでしょうか・・・?

不射精禁欲と一日一食しているから「禁欲効果とサーチュイン遺伝子に自分は守られている」という、何かこう絶対的な安心感がするのですよね。


今回の禁酒の結果はこちらです

禁欲効果の摩訶不思議、健康な不食者・不眠者になれるかもと考え出す



-その他(禁欲生活で色々と発見したプライベート記事などの雑記)

Copyright© ユーベルメンシュへの階段 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.