禁欲(オナ禁)によるデメリット編

オナ禁・禁欲生活最大級のムラムラ感の到来と笑える不思議な出来事

更新日:

(禁欲 315日目・一食 134日目)

最近ものすごい負荷(ムラムラ感)がやってきます。

これは以前の記事で書いたように300日を超えたあたりから毎日やってきます。


オナ禁・禁欲300日経ってもムラムラ感は普通にやってくる(禁欲 312日目・一食 131日目)


はじめに

この負荷、もうムラムラ感どころの騒ぎではなく、触ってもいないのに下半身に直接刺激してくるような感覚で、一時も気を抜けない感じがしています。

触ったらたぶん「アウト」です。

朝、目が覚める間際は下の記事の「肉の欲」みたいなものに激しく問いかけられます。


長期オナ禁・禁欲を人が実践していく理由とは?その先には?


「ほんとうにこれから一生射精しないつもり、それで本当にいいの寂しくないの?」・・・と、このような感じです。

 

今までの中でもとんでもない負荷

もうすぐかれこれ不射精1年にリーチをかけていきますが、下に記事にしたスワミ・シバナンダの「性欲に悩まされなくなる」というその前に、

「最大級のとてつもない負荷」が読者の皆様にもくるのかもしれません。

なぜ自分が不射精をするのか、1年に到達する前に「確かめられる(問われる)時期」なのでしょう。


長期禁欲修行を達成した高名なヨギの言葉から解ってくる事・その2


しかしこのディープインパクト級の大波を毎日乗り切り、自分の顔を鏡で見ると気のせいかもしれませんが、

「何か少し雰囲気変わったかな」的な良い印象を受け、耐えきれた達成感があります。

またこのような事が昨日ありました。

 

禁欲して妙な出来事

現在私は出張中で昨日は超有名な女社長の全国展開の某ホテルに泊まりました。

そして夕方チェックインし着替えてからコンビニ行こうと思い、フロントの若い女性従業員に尋ねました。


「Mr.T」:すいませんこの近くにコンビニはありますか?

女性従業員:(私を見てポヤっとした表情で指さして)あっち・・・

「Mr.T」:(私も遠くを指さしてしまい)あっ、あっち・・・ですね。(あっちってなに?、いったいどっちなんだろう・・・?)


その後、年配の女性従業員があわてて飛んできて周辺のマップをくれましたが、

禁欲を始めてから、こういう事が最近頻繁に起こるようになりました。

大手の某ホテルなので、従業員の接客教育はきちんとされているはずで「あっち・・・」なんて言わないはずなんですが、

最近こういう不可思議な事が頻繁に起こり楽しくて面白くて仕方がありません。

もちろん馬鹿にしたり悪用したりすることは絶対にないのですが、こんな出来事が妙に面白く、思い出してその日は一人で大笑いしたりします。

(ちなみにあっちの方には何もなく、コンビニは指さした逆でした)

 

これだけではなく、久しぶりに訪れる顧客の対応も禁欲前とは全く違い笑顔で迎えられる事が多く、

そして気づきましたが自分の会話も落ち着き無心のような自然体になっていて、

「その場に一体となり溶け込んでいる」ような感じがしてきました。

 

まとめ・絶対やめないやめられない

もちろん今まで、ここまでの禁欲効果の凄まじいメリットを記事にしてきており、

「肉の欲ごときに負けてリセットする」つもりはまったくありません。

それに上に書いたような「面白い出来事」も、これから頻繁に起こっていきそうなので、

「長期不射精禁欲」病みつきになりそうです。

そしていまだに「夢精」は一度もありません、「いったいどうなってるの私の身体?」みたいな大笑いな北陸出張でした。


それからしばらく後に夢精が発生

長期禁欲(オナ禁)中の夢精は本当に害はないのか?


 



-禁欲(オナ禁)によるデメリット編

Copyright© ユーベルメンシュへの階段 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.