禁欲(オナ禁)効果による一般的ではない、なんか重い思考の変化

長期禁欲による仕事面における行動力とガラッと転換する思考

更新日:

(禁欲 542日目・一食 361日目)

不射精禁欲の期間も今週で1年と半年経過です、一日一食も1年経過します。

この期間ブログでなんどか書いていますが、一切夢精というものがありませんでした。

「そこまで大事に全部ためこまんでも・・・」と思うのですが、こればかりは身体の勝手なので、私もどうこう出来ません。

ただ、現在は下にも記事にしたノーパン生活なのでもし仮に夢精されると気持ち悪く、妻の目を盗んでコソコソと次の日洗濯しなければならないので、今となっては非常に助かってはいます。


オナ禁・禁欲に関係する今と昔の悟りの違いとノーパン生活の話


はじめに

ホントに軽口ばかりたたく在家禁欲者の「Mr.T」ですが、いままでこの禁欲ブログを書き続け実際に感じたこと、それは・・・

長期不射精禁欲を身体の異変も起こらず、なんなくこの期間くらいまでこなせると「ガラッと行動も思考も変化する」ということです。


(関連記事)もし身体に異変が起こったら不射精禁欲はやめましょう

無理して長期オナ禁・禁欲はやめましょう、その深い理由とは?


以前に読者の方からのコメントで「行動力について書いてほしい」という要望がありました。

オナ禁・禁欲をすると色々な分野で行動力はUPするのが解るのですが、今回は「仕事面」で少し記事にします。

 

長期禁欲による仕事面(量)での行動力

以前に書いたことがありますが、このヨギの言葉は覚えていますか?


「禁欲の実せんによって莫大な力を獲得することができる。真の独身者は二十五人分の仕事をすることができると言われている。」

スワミ・ブラマーナンダ


スワミ・ブラマーナンダ さんのこの言葉の中で「二十五人分の仕事が出来る」とあります。(ちなみに独身者というのは禁欲修行者の事です)

本当に二十五人分かどうかは解りませんが、たしかに「量と質の両面」ではっきりと向上しているのが実感できます。

例えばデスクワークの場合だと、不射精禁欲の性エネルギーによって次から次へと案件をこなせていきます。

「誰でもそれやるだろ!」と思うかもしれませんが、禁欲者はちょっと違い「間髪入れない、息が切れない」ということです。

大げさかもしれないですが「休憩や一息すらいらない」のです。(クリシュナさんも「禁欲者に休み・休日なんてあるわけないでしょ!」と確かに言っていた・・・)

ちなみに私の場合だと一日一食者でもあり、やることも無いので昼休みも普通に仕事しています。(この記事は仕事と並行しながら昼休みにある程度書きました)

読者の中でデスクワークの仕事の方だと分かるかもしれませんが、職場の中には「仕事をしてるのかサボってるのか、してるフリしてるのかよく分からない人」も世の中たくさんいます。

禁欲者は怠惰心が消え「サボるという概念がない」ので、次から次へとスピード重視で頼まれた案件をこなし、そしてさほど「疲れる事がない」ので量をこなすことが可能となっていきます。

 

長期禁欲による仕事面(質)での行動力

また仕事の質も禁欲前と比べると格段に上がります、それはなぜか?

それは不射精禁欲者になると「相手の事を先に考えなければならない」という概念が禁欲によって強烈に根付くからなんです。

長期禁欲とスピリチュアル(宗教)に関しての記事は前回書きましたが、長期不射精禁欲には必ず必要な経典を少しづつ読んでいきながらの禁欲生活なので、

「自分勝手(本位)な考えになっていけない」という、いわゆる経典の教えの腹落ち理解です。


前回の記事

オナ禁・禁欲と宗教の関係性、クリシュナさんの明かりの例え話


その結果、仕事面の顧客(相手)の要望が第一となり、尚且つ相手が理解しやすい最善の方法を性エネルギーの転換した頭脳で選択していくので「質も向上する」ということです。

「めんどくせーからいいや、サボろー、あとまわしお菓子くってからにしよ~♪」

なんて言う禁欲者はまずいないと思います。

また下の記事で書いた「交渉の成功率」が良い意味での連鎖反応にもなり、扱う案件も増えていき、業績も向上していくと考えています。


オナ禁365日・1年到達!ついでに一日一食半年経過の効果効能


 

まとめるとスワミ・ブラマーナンダ さんの「二十五人分の仕事」というのは、このような事で質・量そして行っている仕事内容とともに、加算された総合評価のようなものなのでしょう。

その仕事を不射精禁欲により、飛躍的にアップした行動力で全て処理していくということにもなります。

 

長期禁欲により大きく転換する思考・放棄心

さて次は思考の変化ですが、ここは非常に重要です。

クリシュナさんが毎回のように本でいう

「女と金の放棄!」

 

このセリフ、「Mr.T」は何度も聞きすぎて

「あ~、もうわがっだがら~!!」

耳にタコができるという表現がピッタリですが、特に異性(女)に関しては在家禁欲者にとって非常に敏感になります。

このブログの読者の方のほぼ大多数が「オナ禁頑張ってモテたい・彼女作りたいが目標」と見受けられるので異性(女)の放棄は考えていないでしょう。

しかし在家禁欲者になるとそれはまったく違う思考で考え

「異性(女)は自分の性エネルギーを抜き取ってしまう、禁欲者にとって恐ろしい敵」

ま~、敵なんて書いてしまうと誤解を生んでしまうかもしれず言い過ぎなのかもしれません。

どちらかというと「ハンター」という表現が良いかもしれませんね。

ただ、女性はその男の性エネルギーをもらい子孫を繁栄させる役割があるので、ハントしようとするのが決して悪いと言っているのではありません。

 

在家禁欲者にとってある意味、厄介な禁欲効果

でも考えてみてください、皆さんもご存知のオナ禁効果・・・

日数を重ねるにつれ「モテる」のです。

モテるというよりも、オナ禁効果による「磁石のような惹きつけ効果」といった方がもう正解でしょう。


惹きつけ効果といったら、やっぱりフェロモンですね

オナ禁の励み・コツにもなりそうな甘い匂いフェロモンとは?


古来のお釈迦様やイエスキリストの時代やクリシュナさんの時もそうですが、そこには「僧団」というものがあり、不射精禁欲を続け解脱を求める男達にとっては、それがバリアー代わりとなり「女性を遠ざける役割」をしてくれました。

しかし私のような、在家にいながらのある意味自由気ままな禁欲生活は厳しい戒律はありませんが、それ(バリア)が一切ないので特に異性(女)には、

「過度といって良いほど、気をつけなければならないという思考」となります。

 

長期禁欲により大きく転換する思考・世俗との分離

ここは表現が難しいのですが、世間一般の人とはまったく真逆の思考に変化していきます。それが普通となっていきます。

そして、その思考はこう考えます。

「もう、あっち(世俗的な考え)の世界には戻りたくない」

それだけ、長期禁欲を身体に異変なくなんなくこなしていくと、その凄まじい禁欲効果を日々身体で実感していくので、

過去の先人禁欲者達は「真の最強の人類だったんだな」という、思考の結論に達します。

その結果、私の場合だと「せっかく今まで不自由なく長期間禁欲出来てるんだから、その効果を手放したくないな」という思考になってしまったということでした。

 

まとめ

このように思考の転換を書きましたが、決して世俗的な考えを否定しているのではなく、

「恋愛だって、性行為だって、お金だって、浮気や不倫だって、その当事者にとってはみな現在にとっては大事な事」

という良い事も悪い事も様々なより深いことが見渡せていき、言い換えると長期不射精禁欲者というのは

「思考と共に視野のすそ野が広大に広がっていく人」

なのかもしれません。

なんか禁欲者最強節みたいな今回記事でしたが、わたしもまだまだ不射精禁欲修行が必要なのです。

しかし「不射精禁欲者、最強!!」、これが長期禁欲によってなんか理解してくるのです。


エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

-禁欲(オナ禁)効果による一般的ではない、なんか重い思考の変化

Copyright© ユーベルメンシュへの階段 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.