その他(禁欲生活で色々と発見したプライベート記事などの雑記)

禁欲&一日一食ブログ、1年継続出来たので気づいた事を書いてみます

更新日:

(禁欲 565日目・一食 383日目)

とうとう本日でこの不射精禁欲&一日一食ブログも去年の4月4日から1年間続ける事が出来ました。

記事数はこれでちょうど160記事目でキリも良い感じです。

本日は私生活を通して一日一食と禁欲生活について、また気づいた事を気楽に書いていきます。

はじめに・一日一食にて

先日の話ですが家族が妻側の実家に遊びに行ってしまいました。

妻は飼い犬を

「飛行機で連れて行くのはお金がかかる、その分あなたのお小遣いから出してくれんならいいけど!」と、

ほぼヤクザ並みの腑に落ちない脅迫で私に無理くり世話を押し付け子供たちと行ってしまいましたが、1週間ほどまた久しぶりに一人の単身赴任+犬のような生活になっていました。

一日一食も1年以上続いているので「なんか好きなもんでも食べるか~」と考え、先日1年半ぶりにマックを食べました。

ここで夕食のみの一日一食のデメリットではありますが、このようにマックなど

「むかしは好きで頻繁に食べていたものが、夕食のみの一日一食まして既婚では食べる機会がほとんどなくなる」

ということです。

悲しいかな、ここは一日一食するなら我慢しなければならないところです。

また朝食でお馴染みだったトーストやサンドイッチ、目玉焼きなども食べる機会がなくなってしまいました。

ほかにもカップ麺や朝食定番の焼き魚など、まだまだたくさんあるのですが、書き連ねると悲しくなるのでもうやめときます。

 

そしてまた久しぶりに

そして2日目、これまた久しぶり(2年ぶりくらい)にピザハットを頼んだのですが、ここでも気づきました。

一日一食者はLサイズのピザを一人で20分くらいで完食することが出来る・・・、これにははっきり言って驚きました。

わたしは別段、体格が大きいわけでもなく中肉中背のほうです。また大学生の20代前半でも同じピザハットのMサイズ1枚すら完食出来なかったほどです。

それがアラフォー終盤なのにLサイズ完食とは一日一食者の胃袋とは一体どうなっているのでしょうね。その後の胃もたれなども全然ありませんでした。

ちなみに生地はもちろん「ふっくらパンピザ」ですよ。



不射精禁欲生活にて

現在ゆっくりとではありますが、この禁欲ブログも記事数がたまってきたので過去の記事へのリライト作業を行っています。

そこで下の記事


オナ禁継続の奥義(コツ)気になる自分のフェロモンを数値化する方法


最近リライトしましたが、オナ禁続けている読者の方は参考になったかどうかはわかりません。

しかしこの日数まで不射精禁欲が続くと日数自体が本当に気にならなくなっていきます。

よくオナ禁ブログを書いている方の中でも「日数なんてもう関係ない」という文面がここかしこに出てきます。

不射精禁欲でもそれは同様で、ある程度の日数が重なり逆に気にしてしまうと、それが「苦痛」となっていきます。

 

禁欲日数が苦痛になる理由

例えば私の場合だと既婚なので、もう上の記事のフェロモン数値は関係がなく、あまり気にしなくても良いのですが、意識してしまうのがクリシュナさんの「メダ神経」です。


クリシュナさんメダ神経とは?(下の記事のほか上のヘリクツ欄にも書いています)

オナ禁365日・1年到達!ついでに一日一食半年経過の効果効能


クリシュナさん曰く発生までには12年の歳月が必要なので、日数で換算すると「4380日」となります。

現在で禁欲565日目なので残りは「3815日」ですが、毎日私のエクセル禁欲日記を眺めながら

「いまのフェロモン値がこれで、あと何日でメダ・・・」

な~んて指折り禁欲日数を数えて毎日考えていたら激しい苦痛となっていき、いづれ気が狂ってしまうでしょう。

 

長期禁欲では絶対に日数を意識しない

読者の方の中でもし私のように在家禁欲者・メダ神経を目指そうとする人がいて助言できることがあるとすると・・・

・気が狂ってしまうので不射精禁欲日数を意識しない、まして逆算して毎日絶対考えない

ということです、ここはオナ禁日数に捉われないオナ禁者と「考えが共通するところ」でもあります。

・日数が重なり昇っていく性エネルギーではありますが、日数のことは一切考えず、ひたすら何かに打ち込んでいく

オナ禁もそうですが不射精禁欲の当初は「非常に日数を意識」してしまいますが、いずれは上のような思考にシフトした方が身も心にも最善だと考えています。

 

長男の禁欲効果

話が変わり、私のかわいい長男さまの話ではありますが、今週末から中学生になります。


オナ禁・禁欲生活、最近の状況と今後のブログの不安


この上の記事で書きましたが、私ははっきりと「性エネルギーは精子」だと長男に伝えました。

それ以来、本人もきちんと理解したようで父親としては嬉しいのですが、一つだけ気がかりがあり、それが・・・

「おっかなくなってきている」のです。

そりゃまだ少ないとはいえ性エネルギーをまったく放出させていないので、テストステロンは徐々に上昇していきます。

テストステロン上昇 = 男らしくなる = おっかなくなる(すぐ頭に血が登る)

これはこのブログでも散々自分で書いて、自分でも経験してきた事なので理解はしているのです。

しかし長男はまだ精神が未熟で性エネルギーの使いようが解らないので、これが放出させず中学・高校・大学となっていったらと考えると・・・、父ちゃんまだまだ格闘技頑張らねばなりません。

しかしこの小学校を卒業してからの2週間ちょっとの休みの間にでも

「毎日のようにクラスの複数の女子が家まで誘いにきている」ので、

「オナ禁モテ効果」はちょっとづつでも発動しているみたいですね。(チチハケッシテウラヤマシイナンテオモッテナイ!)

 

まとめ

ブログを続けるにあたり最近は本当にネタに苦労しています。

不射精禁欲を長期続けるとスピリチュアル(宗教)に関しての話題が最近の記事では非常に多くなっていき、今日のような普通の話題もなくなっていきます。

私も「そっち(宗教)方面には偏らせたくはない」と常々考えていますが、そうすると不射精禁欲ネタが枯渇し記事が行き詰まる。

禁欲ブログは非常に難しいのは前からお伝えはしていましたが、ひとまず今回はブログ1年達成記事を作成出来て良かったと思っています。

あ~、次なに書こうか・・・

 



-その他(禁欲生活で色々と発見したプライベート記事などの雑記)

Copyright© ユーベルメンシュへの階段 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.