禁欲(オナ禁)のコツになりそうな記事

(御質問者様への回答)長期オナ禁者の迷い、葛藤への助言

更新日:

(禁欲 637日目・一食 455日目)

最近また忙しくブログ更新が出来ないでいました。

忙しさもそうですがグーグルのアルゴリズム改定なのか、検索数・PV数ともにダダ下がりになってしまったのでイマイチ書くモチベーションがですね・・・

ま~、実際にオナ禁・禁欲・一日一食ブログというのは広がり実践しようとする人が増えると、下に記事にしたように経済に大打撃をくらわすので

「波及してほしくはないという外部作用」が加わっている気がいまはしています。

経済は「利益追求」が基本原則ですからね、オナ禁や特に不射精禁欲と一日一食は「その真逆の道」という事です。


禁欲生活は経済となぜ真逆か?

皆が皆オナ禁・禁欲が出来ると経済は崩壊してしまう、しかし!<前編>(禁欲 353日目・一食 172日目)


はじめに

本日は読者のsanyさんからオナ禁に参考になるご質問がきましたので、その回答記事とさせていただきます。


Mr.Tさん お久しぶりです。

今の状況に、禁欲者としてではなく、禁欲思想を学ばれている人はどういう助言をするのか、興味がありコメントを致しました。 女性と交わって以来、どんどんペースが早くなり、ついには自慰に手を出しそうになります。

今では女性との性交でも、自慰でもやっていること、結果は同じでは?と考えるようになりました。

生活面はというと、以前に比べ攻撃的になったと感じています。 難しい事は考えずに行動力を増したという点では、職場で積極的になったとの評価を得られています。

しかし、性方面では以前のような丁寧さが消え、犯す、気持ちよさを追うといった行動が増えているように感じます(獣度が増しました) 不射精期間100日以上経て射精生活に身を置きましたが、結局このサイクルに飲まれていく、むしろこのサイクルの中でダークサイドの力を身に着けようと考えるようになっていくのは、某宇宙戦争映画のシスのようです。

冒頭の言葉に戻りますが、恐らくMr.Tさんとしては、何事も体験してみることが大切だ、素直に生きなさい と仰ると思うのですが、もしその人が「見失っているのではないか?」と不安を感じていた場合、意見は変わりますか? とお聞きしたかったです。

鶏卵のようなお話ですが、ご意見頂けますと幸いです。


 

「Mr.T」の返答

sanyさん、こんにちは、最近忙しくてブログ更新が出来ていませんでした。

「そろそろなにか記事投稿しないと・・・」と考えていた矢先の私にとってグッドタイミングな質問でした。

さて、「霊主肉従」というキーワードがよくでてくるこのブログですが、不射精100日の頃というのはまさに

「自分のなかの霊と肉との熾烈な闘い、その某宇宙戦争真っ只中、でもまだ序盤戦」

・・・のようなものです。


長期禁欲の先の霊主肉従についてはこちらを

長期オナ禁・禁欲を人が実践していく理由とは?その先には?


 

ダースベイダーによる支配

ここで先に結論を言ってしまうと、エピソードⅥのこの一騎打ちに挑んでも大半が肉(ダースベイダー)に霊(ルーク)は斬られてしまいます

どこかの記事で書きましたが、その勝率は2%ほどと難関資格合格率のように低いのです。

そこが某映画のハッピーエンドとは違う非常に厳しいところでもあります。

ここで斬られてしまうと肉体の勝利となり、当面の間は「肉の支配」が続いてしまいます。

そうなるとsanyさんのおっしゃるように性欲によって心が獣化してしまい、長期オナ禁の良かった点が徐々に薄らいでいき「性交も自慰もみな一緒!」のような

「みそもくそも混ぜて食えばみな一緒」のような味噌糞の考えに至ります。

これが肉の支配によっての性エネルギーの放出、すなわち「霊の思考力の低下」です、けっこう恐ろしかったりします。

 

禁欲者としての視点と考え方

この肉の欲に対する考え方に対しては賛否両論があり、どちらが正解か判断は難しい面がありますが、在家禁欲者視点から言わせると

「肉の支配の最終目標は自慰をさせ自分の性エネルギーを自分で抜きとらせ、肉体を枯渇させ煩悩(欲)を残したまま死なせ、また物質世界の人間界に輪廻転生させる」

だと私は考えています。

肉の欲を悪魔のようになぞらえた、それこそ宗教的な考えですが、当初はこう考えておくと性交はまだしも「自慰には走りにくい」のではないでしょうか。

sanyさんが「オナ禁者 o r 禁欲者」の将来どちらになりたいのか分かりませんが、性交はありだけど社会で活躍したいオナ禁者になりたいのであれば

「自慰だけは絶対にしない!」という、一線は引いておかなければならないのではないでしょうか?

そこでまた自慰までしてしまうと「肉の欲の完全勝利!」という事になります。

 

まとめ

sanyさんのおっしゃる私が「色々体験する、素直に生きる」という考え方は私の根本原則ではあります、しかしだからといって

「(優しい表情で)だから苦しかったら自慰もしてもいいんだよぉ、無理しないでおやり・・・」とは

絶対に言いません

 

「定期的にセクリセするなら、自慰ぐらいはやめろ、それが異性にとっても魅力的な男の姿だろ!!」

・・・と、私はこのようにちょっとストイックな感じです、参考になったでしょうか。

最後に助言としてですが

「性エネルギーの放出による思考の低下は嫌だけど、ドンファンとまではいかなくても、異性との性行為はやっぱり生涯現役で続けていきたい」と考えるならば、、、、

 

「房中長生術」


オナ禁に関係する道教・房中長生術の「接して漏らさず」とは


もうこれしかないでしょう。

でも何度もいいますが、このブログで「Mr.T」はオナ禁おすすめしているわけじゃないですからね・・・、では。

 


紀州のドン・ファン 野望篇 私が「生涯現役」でいられる理由 (講談社+α文庫)

-禁欲(オナ禁)のコツになりそうな記事

Copyright© ユーベルメンシュへの階段 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.