オナ禁・禁欲の効果を補助的に支援する記事

日月神示が教えてくれた禁欲効果を超高めてくれる松とは?

投稿日:

(禁欲930日目・一食748日目)

先日、末っ子娘が女子友達数人を家に連れリビングで遊んでいた。

15時ということもあり、なにかおやつでも作ってやろうと考え、ホットケーキを焼いてやることにした。

激辛党の私はホットケーキなんてもう30年くらい焼いたことがなかったが、作っている最中でも禁欲効果で咄嗟になにか思いつく。

例えば、

「この焼く前の粉生地に牛乳のほか、ハチミツを先に混ぜてから焼くと良いのではないか?、そして焼いた後は上にアイスクリームを乗っけてやると女子たち喜ぶ」

などだ。

これはホットケーキに限らず、料理ド素人の自分でも色々な料理を作る際に閃いたりするのでかなり役に立ちます。

味はちびっ子女子たちからも高評価だったが、ここで女子ならではの会話が炸裂する。


友人A: ○○ちゃん(娘の名)のパパって凄いよね、なんでも作れるから、うちのパパなんてな~んにも出来ないよ

友人B:そうそう、うちのパパだって料理なんてやったことないし休みの時は、テレビ見てソファでず~と寝てる

末っ子娘 & 「Mr.T」: ・・・・・・


小学校1年生なのに世間の主婦通しのような会話をしているのに私は驚いた、女子たちの井戸端会議に年齢は関係ないようだ。

読者の皆さんも結婚したら、禁欲(オナ禁)して性エネルギーためて「陰でこのように言われないパパ」を目指し気を付けていきたいものですね。

ちなみにその評価の高かったホットケーキのほか、今まで私が閃いて作ってきたものは自分は一口も食べれていない、だって一日一食者だから・・・

はじめに


日月神示: 松は元の木ざぞ、松植えよ、松供えよ、松神籬(まつひもろぎ)とせよ、松玉串とせよ、松食せよ、いつも変わらん松心となりて下されよ。

松からいろいろな物生み出されたのぞ、松の国と申してありがな。

(第十一巻 松の巻第十六帖より)

日月神示: 松食せよ、松食せばわからん病治るのぢゃぞ、松心となれよ、いつも変わらん松の翠の松心、松の御国の御民幸あれ。

(第十三巻 雨の巻第十四帖より)


この記事を投稿する本日は4月4日、ちょうどこのブログを始めてから2年が経ちました、早いものです。

下の過去記事で最近のおに一さんとのコメント欄のやりとりで「松葉茶」が話題となりました。

今日はブログ継続2周年記念として、日本ではちょっと縁起の良い「松」について禁欲効果との関連を踏まえ書いていきましょう。


最近おに一さんとの松やりとりがあった記事

奇跡のオナ禁・禁欲効果の原点なのか!?その名も「DHEA」


 

本当は松は食べられた

上に記載した日月神示の文面は「Mr.T」も解っていましたが、ただ・・・

「松のとげとげした葉っぱなんか食ったら喉に突き刺さって血でんだろ!」

と、深くはまったく考えずヘリクツこねてスルーしておりました。

しかしおに一さんとのコメントのやり取りから、インターネット上で調べていくと松の木は戦国時代には城内にたくさん植えられ、籠城時の食料が尽きた際の「非常食」にもなっていたのを理解しました。

また中には松ぼっくりでジャムを作っている人も見かけ、ロシアでは実際に松ぼっくりジャムが存在しているようです。

ここで私は「葉っぱや樹皮、そんで松ぼっくりまで食べれるんだ~、ふーん」と眺めていると、突如また冒頭のような閃きが起こります。


脳内の正体不明X: 松ぼっくりの形は古代より「松果体の形」である、そのない頭でよく考えてみよ


とね。

 

意外と底が深かった松

読者の皆さんも調べてみると解りますが、上の写真のほか太古の銅像や絵など松果体のほぼ全ては松ぼっくりで現わされています。

上の画像は松ぼっくりの松果体に向かう2匹の龍(蛇)、いわゆる「クンダリニ」を表現していますが、ここで更に考えます。


松果体やクンダリニについての関連記事

一日一食を続けた5つの発見とメインの不射精禁欲に超重要な松果体

やっと到達した不射精禁欲ブログ100記事目のお題「クンダリニ」について


この松ぼっくりを人間の身体に見立て、その松ぼっくり内部にあるもの、、、それは

答えは超簡単、それは「松の実」でした。

そこでハマり症の「Mr.T」は調べていくと、松の実には栄養面ではまずたんぱく質が豊富にあり、100g中に15gほど含まれています。

また、オレイン酸、リノール酸といった不飽和脂肪酸や、鉄分やマンガン、オナ禁(禁欲)者にとって無二の大親友「亜鉛」などのミネラル類、ビタミンB類、食物繊維の含有量も豊富に含まれています。

他にも、五葉松の実には、ピノレン酸という特殊な脂肪酸が含まれます。

栄養面、摂取した効果などのことは読者の皆さんもネットでググると星の数ほど書かれていますので調べて見てください。

 

松ぼっくりにある謎の螺旋

画像は松の実と松果体より引用

上の画像のリンクを貼った記事では松の実と松果体についての関連を説明しています。

ここで「Mr.T」が着目したのがこの松ぼっくりの螺旋です。このブログ常連読者の方ならピンとくると思いますが、この赤の螺旋なんかに似てませんか?

はいそうです。

「クンダリニ昇り龍(蛇)の3回転半の螺旋」です、綺麗に3回転半してますよね。

青の螺旋はちょっと特殊ですが、クンダリニが発生する際は龍は2匹いるので、もう片方はこんな昇り方をするのかもしれませんね。

そしてこの交差する部分は以前に記事にしたことのある「チャクラスポット」であれば、俄然つじつまが合いそうです。


チャクラについて書いた記事

長期禁欲を続けてチャクラ工事「マニプラの門」を突破させよう!


また、さらに調べると古代より中国では「松の実は仙人の食べ物」とされ、「1日3回食べると仙人になれる」という言い伝えもあります。

なかには「松の実食べても仙人なんかにはなれない!」と記事にしている人もいますが、

「そりゃ一緒に長期不射精禁欲しなきゃね、松の実ばっか食ってたって・・・」

な~んて「Mr.T」は思ってしまいました。

 

まとめ・「Mr.T」わかっちゃったら即実行

ということで「Mr.T」は2週間くらい前から、もう既に実行し始めております。

ここであまのじゃくな私はそのまま素直に摂取ではなく、以前に記事にした「サイババさんのアーモンド」と同じく、

「生の松の実を水に半日浸して、発芽しようとする霊力をまるごと食らう」

という赤子食らう鬼方式を採用しています。


サイババさんの「赤子食らう鬼方式」について書いた記事

アーモンドでさらにオナ禁・禁欲効果、霊力アップをはかろう!


一般的に目安として「一日30粒程度」とネット上で書かれていますが、私はアーモンドも摂取していることから「アーモンド9粒・松の実は半分の15粒」にしています。

そして気になるお味はというと・・・

「水に浸した種なんて旨いわけがない、味気のない酒のおつまみがもう1種類増えただけだな・・・」

といった感じでしょうか。

あまりにも味気がないので最近はスーパーで買った「にんにく塩」を振りかけて晩酌のお供にしているブログ2周年目の在家禁欲者でございました。

読者の皆さんも塩でもかけて食べるとそれなりに食べられますよ、それでは。

 

「Mr.T」: ひふみのしんちゃんの松の謎、あっしこれで解けたでごぜーまス


松の実は開封後の酸化が非常に速いので、購入を考えている読者の方は下のような密封出来るチャックがついたものが良いでしょう。そして早く仙人になりたいからといって「朝昼晩30粒づつだ!」とかいう暴挙はやめましょう。なにごともほどほどに。。。(このセリフどっかで書いたような)


自然健康社 松の実 100g 密封袋入り

 

おまけですが、日月神示では食べるほかにも「松植えよ、松供えよ」とも言っています。もし園芸に興味がある読者の方がいらっしゃれば「盆栽」なんか良いかもしれませんね、あれこそ松の飾り、心を落ち着け、松と向き合う芸術ですのでね。


よくわかる盆栽 基礎から手入れまで (ナツメ社のGarden Books)

-オナ禁・禁欲の効果を補助的に支援する記事

Copyright© ユーベルメンシュへの階段 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.