「禁欲(オナ禁)効果による一般的ではない、なんか重い思考の変化」 一覧

在家禁欲者「Mr.T」本格的に林住期に突入の巻

禁欲1296日・一日一食1115日 正しい結婚生活を送るのはよい。 しかし、それよりもさらによいのは、ぜんぜん結婚をしないことだ。 そういうことのできる人はまれにしかいない。が、そういうことのできる人は実に幸せだ。 By トルストイ 勘の良い人は見出しとこの文章でお気づきになると思いますが、はいそうです。 「Mr.T」は「華の独身者」となりました。 いや、、、なりましたというか、もう既になっていたと言った方が正解でしょう。 それも正式には去年の12月、13日の金曜日です。

不射精禁欲(オナ禁)が3年経過、その後は一体どうなるかというと

(禁欲 1095日目・一食 913日目) あれからもう3年経ったのか・・・ 普通なら「あっという間だったな」とか言うのでしょうが不射精禁欲に限っては、 「んなわけあるかい!、なげーんだよ!!」 これではないでしょうか。 クリシュナさんのいう「メダ神経」が発生する12年の内、まだ四分の一しか経過していないのです。 ちなみにどっかで書きましたがメダ神経というのは、 「松果体が覚醒し第3のお目目がパッチリ開くこと」 だと踏んでます。

映画「美しき緑の星」と厄介な禁欲ブログについての話

(禁欲 1075日目・一食 893日目) 先日ツイッターでもつぶやいたのですが、この猛暑でまったくブログ記事を書く気になりませんでした。 最近になりようやく暑さが落ち着いてきたので少し書く気になりましたが一瞬、 「もうこの気味の悪い不射精禁欲ブログなんて終わりにしようかな・・・」 なんて考えたりもしました。 ま~、今回はツイッターで8月記事の予告をしましたので、嘘のつけないもうすぐ不射精禁欲3年の在家禁欲者「Mr.T」 少しはやる気をだし書いてみましょう。 長期自慰脱者(オナ禁者)・禁欲者になってくるとは嘘がつけなくなってくる

(読者からの質問への回答)禁欲による孤独感とリセット誘発させるのは色情霊!?

(禁欲953日目・一食771日目) ゴールデンウイーク10連休が始まりましたね、なんとかこの記事はみんなが出かけてしまうGW前の昨日には投稿したかったのですが間に合いませんでした。 表題の話題よりちょっと脱線しますが先日、机に座って勉強よりも体育大好きな長男とこんな会話がありました。 長男: おれこないだ幅跳びで学年1位の記録だった、走り幅跳びじゃないから地味だけど。 「Mr.T」: へ~、みんなそんなに飛べないの 長男: ぜんぜん・・・ 「Mr.T」: 男エネルギー溜め込んでますな、周りと比べてなんか違ってきてるでしょ 長男: うん・・・ 常連読者の皆さんならお解りだと思いますが、下の記事で私は長男に「自慰するな」と伝えてました、長男は素直に守っているみたいですね。 家族と暮らしてからの禁欲と一日一食生活してみて分かったこと  

(読者からの質問への回答)長期禁欲をすると実感してくる孤独感

(禁欲922日目・一食740日目) ツイッターでも書いたのですが、前回記事の高濃度酸素吸入。 血流が良くなり二日酔いも早く醒め、気分の悪さにも非常に効果的なのですが、夕食後の晩酌をしながら吸うとアルコール自体も急激に脳へ運ばれ、普段よりも酒量が少ないにも関わらずブラックアウトします。 飲酒と酸素吸入はちょっぴり(かなり)危険な香りがするのでお勧めしません。 前回の記事 禁欲(オナ禁)効果をさらにアップさせるために重要だった酸素について

禁欲(オナ禁)も2年達成したので感想と今後どうするか考えた雑記

(禁欲 733日目・一食 551日目) お気づきの方もいると思いますが、ブログ名を変更しました。 今までの ”「Mr.T」の禁欲・一日一食ちょっとストイックなブログ" はブログ名としては長すぎるような気もしましたし、 当初はこれで記事数が増えるごとに、毎月うなぎのぼりにPV数が上がりました。 しかし今年1月のピークからグーグルのアルゴリズム変更だと思いますが、今度は右肩下がりにPVが下がり続け、現在はピークの半分以下となってしまいました。 個人がやってるブログなど、PV上げるも下げるも決めるはネット界の神と言われる「余はグーグル次第」というのがまざまざと実感しましたが、 「どうせPV抑え込まれんなら今のうちブログ名変えても変わらんか、禁欲2年もクリアしたことだし題名変えて気分も一新したいしな」 と、思ったところでありました。

禁欲(オナ禁)が2年突破しました、その効果とその先の意味とは?

(禁欲 730日目・一食 548日目) 本日めでたく大酒のみ在家禁欲者「Mr.T」の不射精禁欲が2歳のお誕生日を迎えました、おめでとうございます。 しかし目標がひとまずクリシュナさんのメダ神経12年ですので、ディズニーランドのファストパスのように短縮して近道できなければ、先は「まだまだ長い」というのは確かです。 クリシュナさんのメダ神経についてはちょうど1年前のお誕生日に少し書きました。 オナ禁365日・1年到達!ついでに一日一食半年経過の効果効能 「メダ神経はなんなのか?」についてはあとで少し書いてみますが、ちょっとここではなしを変えて長男との小話を。

Hagex事件から考えるブログ継続の難しさ・ITと宗教観

(禁欲 648日目・一食 466日目) 一昨日、全国ニュースになりましたがプロブロガーの「Hagex」という方が刺殺されてしまいました。 ブログに関するセミナー会場で待ち伏せされた後の犯行のようですが、ブログを長く書き続け、名も顔も表に出て有名になるとこういう事態も起こってしまうので難儀なものだと感じてしまいます。 このHagexという方のブログは私は今まで知らず、今回事件後に初めて拝見しましたが 「1ヶ月の記事数が、自分が1年以上書き続けたこのブログの総記事数よりも断然多い・・・」 正直驚きました。

(御質問者様への回答)宗教バリバリ記事、最初はどれ読む?

(禁欲 608日目・一食 426日目) 先日所用があり地元に数日間帰省しましたが、久しぶりにあった地元の友人から「声がめっちゃ低くなった、前はあんなに甲高かったのに」と言われました。 自分でも不射精禁欲が長くなるにつれ「なんか変わってきてるよな」とは感じていましたが、さほど気にしてはいませんでした。 「異性受けする声」ということなんでしょうか? ま、クリシュナさんの「女の放棄」が身体にしみついてしまうと「そんな余計な、昔はやった引き寄せの法則みたいなもの今更いらん!」となるのですがね。 さて、今日は読者の方からのご質問が来ていたので「宗教バリバリ回答記事だぜ!」とさせていただきます。 オナ禁・禁欲の声に関する記事はこちら オナ禁により声が低くなり、なぜ女性にもてるのか?

気になる2人の禁欲者・宗教と酒そして次はシク教を読んでみる

(禁欲 592日目・一食 410日目) クリシュナさんに比べ超まじめなお釈迦様の「ブッダのことば」もサラサラっと2週間前に読んでしまいました。 次はより詳しく「原始仏教でも読もうかな~」と考えていましたが、ちょっと以前から気になっていた「2人の禁欲者」がいました。 一人はクリシュナさんの1個前の先輩聖者といわれる「チャイタニヤ」、クリシュナさんの本にもこのチャイタニヤの事はよく書かれていました。 クリシュナさんの1個前の先輩ということで意識していたのか、よく自分と比較しての文面が本で書かれていました。 現在日本語訳で販売している本では「チョイトンノ伝」という上下セットで売られています。 インターネット上で少し調べてみると、このチャイタニヤさんという人は踊りが大好きで、踊りながら布教して歩き、道行く人をその自分の踊りに巻き込んでいたようです。

出張を交えて伝える禁欲生活・クリシュナさんの女の放棄とは?

(禁欲 572日目・一食 390日目) 今日は出張なので文字数は軽めですが、内容は重めにいきます。 今週初めから出張に入り、現在は北陸一の歓楽街がある場所に宿をとっています。 周りは華やかなネオンにつつまれ、肌を露出した格好の女性や和服を着た女性が街を歩いています。 「Mr.T」はどちらかというとこういう華やかな雰囲気が大好きなので、禁欲前はほいほいと下心と鼻の下を伸ばして飛んでいっていた「酒場大好き人間」でした。

長期禁欲による仕事面における行動力とガラッと転換する思考

(禁欲 542日目・一食 361日目) 不射精禁欲の期間も今週で1年と半年経過です、一日一食も1年経過します。 この期間ブログでなんどか書いていますが、一切夢精というものがありませんでした。 「そこまで大事に全部ためこまんでも・・・」と思うのですが、こればかりは身体の勝手なので、私もどうこう出来ません。 ただ、現在は下にも記事にしたノーパン生活なのでもし仮に夢精されると気持ち悪く、妻の目を盗んでコソコソと次の日洗濯しなければならないので、今となっては非常に助かってはいます。 オナ禁・禁欲に関係する今と昔の悟りの違いとノーパン生活の話

オナ禁・禁欲と宗教の関係性、クリシュナさんの明かりの例え話

(禁欲 536日目・一食 355日目) ラーマクリシュナさん: 神のお恵みにとって不可能なことがあるかね。 千年のあいだ暗闇に閉ざされていた部屋に灯火を持ちこんだとする。 暗さは少しづつのいていくだろうか。部屋はいっぺんに明かるくなるではないか。必要なのは強烈な放棄心だ。 人はさやをはらった剣のようでなければならない。 「Mr.T」は本にたびたび出てくる、このクリシュナさんの「部屋の明かりの例え」が大好きなんですが、これはオナ禁・禁欲と非常に密接している、、、 といいますか「オナ禁・禁欲そのまんまの例え」なんです。

Copyright© ユーベルメンシュへの階段 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.