「禁欲(オナ禁)効果による一般的ではない、なんか重い思考の変化」 一覧

禁欲による髪への効果と禁欲効果全般における奇想天外な例え話

(禁欲523日目・一食342日目) よく禁欲(オナ禁)をすると「薄毛だった髪が生えてくる」という効果があります、私の場合はハゲてしまう体質ではないので、禁欲前から髪はありました。 しかし最近になって気づいた事が「髪がさほど伸びなくなっている」ということです。 下の記事のオナ禁・禁欲の初期の効果で「ひげが伸びない」というものがありますが、私は髪にその効果が現れたようです。 巷に言われるオナ禁・禁欲効果、そのオナ禁の奇跡の効果を解説!

禁欲生活くぎりの良い500日達成記事・人の内側にあるものとは?

(禁欲500日目・一食319日目) 前回オナ禁ブログの作成方法など記事にしてきましたが、禁欲ブログを書くにあたり、こういう「キリの良い日数」は大切にしなければなりません。 1か月、半年や1年など 「キリの良い日数に書くオナ禁・禁欲効果の記事は非常に人気が高くなりやすい」 という、言わば「記念日」みたいなものなんです。 今日の記事は、在家禁欲者ならではのはじめの展開から最後の展開がまるっきり違っています。 オナ禁ブログ作成方法 オナ禁(禁欲)ブログの効果的な作成方法、そして稼いでみよう!(前編)

私が長期不射精禁欲をおすすめしないとブログで言っている怖い理由

(禁欲493日目・一食312日目) 前回の記事はちょっとおちゃらけ気味で気軽に長々と書いたので、今日は「真面目モードにシフトしスピリチュアル全開」でいこうと思います。 いままで「オナ禁者」、「オナ減を目指す方」、「100日以上のオナ禁者」と順番に記事を作成していきました。 本日は私のような「在家禁欲者や目指したい人」のために作成します。 (今回の内容は少し怖いかもしれませんので、心臓の悪い方は読まない方が無難です。)

在家禁欲者は百年の孤独になり、オナ禁者はますます強くなる

(禁欲464日目・一食283日目) またもや何たるお題が頭をよぎるメリークリスマス。 ちなみにネタバレですが、こういうお題のオナ禁・禁欲記事を書くとイマイチ人気が上がりません。 オナ禁・禁欲ブログは「彼女作る方法!」や「何日間目のオナ禁効果・報告!」、これ系統の記事は書くとPV数うなぎのぼりに昇って上位にいくのですが・・・ (百年の孤独はわたしの好きな宮崎県の麦焼酎、そんなの高くてクリスマスでも飲めないけれど・・・)

人類みなオナ禁・禁欲が出来ると経済は崩壊してしまう、しかし!!<後編>

(禁欲 357日目・一食 176日目) この2部作の記事は本当は書いて公開して良いものかどうか非常に悩みました。 これから記載する<後編>は<前編>とは打って変わって「結構重たいスピリチュアル・宗教的仕様、ちょっと不思議バージョン」になっています。

地獄はあるのかないのか?禁欲するとなんとなく感じてくること

(禁欲 327日目・一食 146日目) お釈迦様曰く 「放逸で他人の妻になれ近づく者は、四つの事がらに遭遇する。すなわち、禍をまねき、臥して楽しからず、第三に非難を受け、第四に地獄に墜ちる。」 「禍をまねき、悪しきところ(地獄)に墜ち、相ともにおびえた男女の愉楽はすくなく、王は重罰を課する。ひとは他人の妻になれ近づいてはならぬ。身体が崩壊したのちには、地獄で火に焼かれる。」

人が禁欲をする理由・霊主肉従への変化を喜劇風にアレンジして説明

(禁欲 319日目・一食 138日目) 今回の記事は前ブログの禁欲119日目の記事で「仁義なき戦い」というお題にした記事を転載します。 いま読み直すと「よくこんな記事を書いたもんだな・・・」と非常に恥ずかしくなるのですが、 しかし一見ふざけたようなこの記事には「本当は重大な意味が隠されているんじゃないか?」というのが解りますか。

不射精禁欲と一日一食を同時に行うと急速に見えてくる内面の自分

(禁欲 318日目・一食 137日目) 単身赴任が終了し家族と暮らし始めて、もうすぐ2か月経過します。 不射精禁欲同様、一日一食も継続していますが、ふと疑問に思ったことがありました。

長期オナ禁・禁欲を人が実践していく理由、その先には何があるか?

(禁欲 314日目・一食 133日目) 現在出張中で妻もいないということもあり、昨日また懲りずに深酒をしてしまいました。 飲んだ量がビール500ml1本と日本酒2合(360ml)にワインを1.5Lを空けてしまいました。 気づいたらブラックアウトして寝ていましたが、起きたのが朝4時47分でした。 ここまでくると禁欲効果とサーチュイン遺伝子の恐ろしいほどの有り得ない凄さが、本当に実感でき笑いが出るほどです。 二日酔い感もほとんどなく眠気無しに仕事をしています。

長期禁欲修行を達成した高名なヨギの言葉から解ってくる事・その2

(禁欲 297日目・一食 116日目) 前回の記事を書いていく中で書きたかった事の本質がずれていき、結果的に聖書の中の「種の蒔く人」の話になってしまいました。 あれはあれでひとつの記事となって良かったと思っていますが、不射精禁欲をするとどうも「頭がボーっと白いモヤの中にいる感覚」になることがあり、 良い意味で突拍子もないことを書いたり、突然なにか閃いたりすることがあります。 長期禁欲修行を達成した高名なヨギの言葉から解ってくる事・その1

長期禁欲修行を達成した高名なヨギの言葉から解ってくる事・その1

(禁欲 294日目・一食 113日目) 「この性のエネルギーは、性交として使われない場合神聖な力に換わり、頭脳の中に貯えられる。」 「厳格な禁欲者は年老いても、強く正確な記憶力を保つ。性的エネルギーの転換を達成した禁欲者は、性欲に悩まされなくなる。 このような禁欲者はウールドヴァ・レータ(精液が上に流れる)と呼ばれる。」 スワミ・シバナンダ この「ウールドヴァ・レーダ」というキーワード、今後こちらのブログでもたびたび使用されますのでご記憶に留めておいてください。 超重要キーワードです。

長期禁欲して「在家禁欲者を目指す人」ならではの摩訶不思議な考え

(禁欲 263日目・一食 82日目) 一日一食に食事スタイルを変えてから色々と「食欲」に関する記事を書いていってます。 一日一食のデメリットの記事でも書きましたが、今日は最近考えさせられる性欲と食欲が交りあったような「デメリットの記事」です。 一日一食のデメリットはこちらからどうぞ 一日一食を実際始めてみて感じた逆効果やデメリット

Copyright© ユーベルメンシュへの階段 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.